ケンゾー

ケンゾー:KENZO ケンゾーの創設者、高田賢三は男子にも門を開いたばかりの文化服装学院にて服作りの基礎を学んだ後、1964年に船でパリへと向かった。横浜を出て香港、サイゴン、ジブチなどを経由する長い船旅のなかでは、これから向かうパリにおいて、日本の純和風要素を取り込んだデザインを発表していくことを頭のなかで想い描いていた。 パリでケンゾーは小さな店“ジャングル・ジャップ”を開き、袖部分が日本の着物の袖を彷彿させるような手編みのセーターをつくり、それが色彩鮮やかな素材やその独特の雰囲気を放つフォルムから、パリジェンヌたちの間でたちまち人気となり、店の前には長蛇の列ができ、パリ中だけでなくミラノから買いに来る女性もいたほどで、“ケンゾーのセーターを持っているのはオシャレのしるし”と言わせるまでに至った。 1970年に入ると時代はオートクチュールからプレタポルテに移行しつつあり、そういった時代背景に同調したことにもより、ケンゾーの手がける作品は現地の人たちからは異国風で斬新に映り、従来のどこか窮屈さを感じてしまうものとちがい、着心地の良さをあたえ、暖か味を感じさせるものであった。 ケンゾーは日本の文化である和服のエッセンスをデザインの核の部分に置き、革新的と受けとめられるファッションを放ち脚光をあびたのだが、それが日本国内ではなくパリであったとゆう事が成功の要因であり、ファッションの街パリを選び、そのファッションの街パリにたいしてのスタンスを早い段階で決定した彼の先見力は極めて高く、日本を愛し、そしてパリを愛しもはや国同士の交流にさえ貢献したケンゾーの功績はすばらしい。 そんな彼だが、2000年の春夏コレクションを最後に、新しい分野への進出をうかがわせ“ケンゾー社”を退いた。現在はジル・ロズィエとロイ・クライスベルク、概ねこのふたりがケンゾーイズムの継承者となり、ファッション界においてのケンゾーの終わりのない長い航海の舵取りを行なっている。 ケンゾー ケンゾー店舗情報 ブティック ケンゾー 住所 東京都港区南青山6-12-1 営業時間 11:30-20:00 定休日 無休 Tel. 03-5466-5660 ケンゾー公式サイト http://www.kenzo.com/