コーチ

コーチ:COACH 1941年、マイルス・カーンと妻リリアンが皮皮工房“ゲイル”(後にコーチに改名)をニューヨーク州マンハッタンにオープンしたのがコーチのルーツ。 野球のグローブをモチーフに、皮の持つ耐久性や長く使いこむほどに味の出てくる特徴を活かし、60年代初期にコーチの第一号バックをリリース。 1962年、映画“王様と私”の衣装や、IBMのユニフォーム等をデザインしたボニー・カシンを迎え入れる。買い物袋をモチーフにしたカジュアルバッグ の“カシン・キャリー”や“バゲット・バック”、“ダッフル・サック” 等、ボニーの類稀なデザインセンスにより、発表するバックは次々に人気商品へとなっていく。 1988年、日本の大手百貨店の“三越”とのコラボレーションにより“コーチ”の横浜三越店、日本橋三越店がオープン。 1996年、ファッション部門の強化に基づき、リード・クラッコフ(現社長兼エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)を迎え入れる。リードはボストン生まれで、画家を目指し、NYのパーソンズ・スクール・オブ・デザインに通い、デザインを学んだ後、ラルフ・ローレン、トミー・ヒルフィガーで経験を積む。商品デザインや全世界のブランドイメージの統一を図る。 コーチが“ライフスタイル・アクセサリー・ブランド」へと発展していったのは、かれの恩恵によるところが大きい。 1998年、“ネオ・コレクション”を発表。実用的で体になじむことを目的にデザインされた高級レザーに代わる新素材を開発、同年9月からは、スイスの高級時計メーカーの“モバード・グループ”とライセンス契約し、“ウオッチ・コレクション”を発表。 2000年、“C”マーク模様を表面にあしらったデザインの“シグネチャー”を発表。“シグネチャー”は現在コーチの中で、最も注目されるシリーズとなり、バックのみならず、財布、小物などにも採用され、カラーバリエーションもひじょうに豊富である。 2001年、CFDA(アメリカ・ファッションデザイナー評議会)のアクセサリー部門で最優秀賞を受賞。 コーチ コーチ旗艦店、直営店 コーチ銀座店 旗艦店 住所 東京都中央区銀座5-4-3 営業時間 11時〜20時 Tel. 03-5537-5145 コーチ渋谷店 旗艦店 住所 東京都渋谷区宇田川町20-11 営業時間 11:00-20:00(金・土21:00) Tel. 03-6415-7711 コーチ丸の内店 旗艦店 住所 東京都千代田区丸の内2-5-2 営業時間 11:00-21:00(日・祝20:00) Tel. 03-5221-8600 コーチ六本木ヒルズ店 直営店 住所 東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ・ヒルサイド Tel. 03-5771-5281 コーチ公式サイト http://www.coach.com/