スウォッチ

スウォッチ:SWATCH 1983年にこのブランドが誕生した説明には日本の時計ブランドが深く関わっている。日本の時計ブランドのセイコーがそれに当たる。信頼性のある時計作りの国として世界中から一目置かれていたスイスだけに、順風満々に時計販売ビジネスが展開されていたが、80年代に到達した頃、セイコーが安価で正確なアナログ・クオーツを発表し、大注目を集めたことにより深刻な経営難に直面する。 スウォッチはスイスの時計産業に当時の活気を取り戻すべく、救世主として誕生したブランドである。当然ライバル視するのは日本のセイコーで、後にスウォッチ・グループとなるエタ社により開発がスタートした。 今までの時計作りの概念を振り払うかのように素材、デザイン、生産工程、販売、マーケティングに至るまで改良が施され、1983年にカラフルなプラスチック製の時計を発表。これは装飾効果を省いたシンプルなものだったが、プラスチック特有のライトな感覚が逆にカジュアルなシーンに良くマッチした。さらには新作が発表されるまでの間だけの少量生産が、コレクターたちの興味を煽り、徐々にではあるが、人気を得ていった。 スウォッチは少量生産スタイルが逆に販売率アップに繋がった。その他、クリスマス、ヴァレンタイン、ハロウィン・パーティー等のシーズンに因んだモデルなども人気を博し、またアーチスト・デザインによるモデルなども二つと同じ文字盤が存在しないモデルがある事などから、後にオークションなどで高値で取引されるようになっていった。 一貫してプラスチック製に拘っていたスウォッチであったが、1995年に初の金属製のモデル“スウォッチ・アイロニー”を発表。97年には薄く肌の一部と化すような“スウォッチ・スキン”を発表し話題を呼んだ。 2000年のシドニーオリンピックでは公式時計に採用されるなど、ファッション性のみならず、時計に求められる重要課題の正確性も世界的に認められ、さらなる躍進が続いている。 スウォッチ スウォッチ店舗情報 スウォッチストア池袋 住所 東京都豊島区東池袋3-1-2 サンシャインアルパ B1 営業時間 10:00〜20:00 定休日 サンシャインアルパ休館日 Tel. 03-5985-2088 スウォッチストア亀有 住所 東京都葛飾区亀有3-49 アリオ亀有 アリオモール1F Tel. 03-5629-7181 渋谷ロフト 住所 東京都渋谷区宇田川町21-1 1F Tel. 03-3462-3818 スウォッチグループジャパン公式サイト http://www.swatchgroup.jp/