ハナエモリ

ハナエモリ:HANAE MORI ハナエモリの創始者、森英恵(もりはなえ)は1926年島根県生まれる。東京女子大学卒業後、ドレスメーカー女学院でデザインや縫製技術を学び、51年に新宿にスタジオを設立。 当時の日本は映画ブームだった事もあり、森英恵は数百にも及ぶ映画衣装を担当、これらは森英恵の知名度、森英恵デザインの注目度を高める事に繋がり、63年から次期到来するプレタポルテの波を見据え、プレタポルテを扱う“ハナヱ・モリ”を設立する。 “ハナエモリ”の特徴は“絹”を素材とし、華麗な“蝶”の模様を配し、西欧服の持つ優雅さに日本文化のイメージを絶妙に融合させた事で、その従来とは一線を画す様は見るものに強い衝撃を与えた。 1965年、ニューヨークで初の海外コレクションを行う。絹素材の美しさ、高質感、鮮やかな模様で構築されたデザインは西欧から高い評価を受け、森英恵は日本人デザイナーの海外進出成功の第一人者として、歴史にその名を刻んだ。 1975年、パリ・コレ・デビュー。また、日本人初のパリ・オートクチュール組合員となる。 ファッションの街“パリ”の伝統芸術と、日本の文化的要素が絶妙に入り交ざった“ハナエモリ”の作品は、モナコ元王妃のグレース・ケリーや、ナンシー・レーガン、ソフィア・ローレンといった著名人からも深く愛され、その高い技術力、見るものの目を奪い、心をつかんで放さない造形美から世界中に広がり人気を呼んだ。 “ハナエモリ”はオートクチュール、プレタポルテの枠に収まる事なく、オリンピック日本代表選手たちのユニホームや、日本航空の制服なども手がけ、オールマイティーな活躍を見せていった。 1989年、フランス芸術の最高賞であるレジオン・ドヌール勲章、96年には文化勲章(ファッション業界初)を受賞。 日本人デザイナーの作品が1960年代古くから既に脚光を浴び、人気を博していた事は軽い驚きを憶えてしまうが、従来の西欧様式に執着することなく、日本の伝統的文様を表面化し、世界に認めさせた森英恵の功績は計り知れないものがあり、まさに日本の誇りといえよう。 ハナエモリ ハナエモリ店舗情報 ハナエモリ表参道本店 住所 東京都港区北青山3-6-1 ハナエモリビル Tel. 03-3499-1601 ハナエモリ銀座店 住所 東京都中央区銀座5-6-2 Tel. 03-3289-2651 営業時間 11:00〜19:00 ハナエモリ帝国ホテル店 住所 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル本館地下1F 営業時間 平・土10:00〜19:00 日・祝10:00〜18:00 Tel. 03-3503-8256 ハナエモリホテルオークラ店 住所 東京都港区虎ノ門2-10-4 ホテルオークラ別館地下1F 営業時間 10:30〜19:00 Tel. 03-3585-8539 ハナエモリ公式サイト http://www.hanae-mori.com/