ビルケンシュトック

ビルケンシュトック:BIRKENSTOCK ビルケンシュトックはドイツの靴ブランドとして、創始者ヨハネス・アダム・ビルケンシュトックにより1774年に誕生する。踵からつま先にいくにつれ、幅広になっていくユニークなデザインが特徴。しかしこれは必然的なものであり、ビルケンシュトックが人間工学に基づき靴作りを行うブランドだという事の証明でもある。今でこそ極当たり前の中敷の土踏まず部分の盛り上りなどは当時としては、ひじょうに画期的なもので、靴を履いた時のフィット感や、歩いたときの追従性、吸湿性などを徹底的に追及した上に構築された形状といえる。 それゆえに、靴にファッション要素を求める人たちには受け入れ難い面があったのも事実である。靴にファッション性を与える場合、どちらかといえば、つま先は鋭角となり、高いヒールで前傾形状となるのが一般的で、ビルケンシュトックの靴は、こういった流行に背を向ける形態をとっていたのである。しかし、この、まるで正反対な形態は医学的観点からは大絶賛を受ける事となり、第一次大戦中の負傷兵にビルケンシュトックの靴が支給されたり、その後、医学関連の雑誌に載ったビルケンシュトックの靴の広告をもとに、医療部門から注文が相次いで入るようになっていった。 1962年には、ソール部分はそのままにサンダル形状が発表され、ヒッピーたちが愛用し始めたのを機に、ジーンズやTシャツなどラフなスタイルにビルケンシュトックの靴がよく馴染むなどの理由から次第に普及していく事となった。 創始者ヨハネス・アダム・ビルケンシュトックは教会の記録ファイルに“巨王の靴職人”としてその名を刻み、その技は息子のコンラッド、カールたちが継承し、未だ健康概念を根底に置いた開発コンセプトにより、その時代の質感を創造するべく、新素材を用いた運動性、快適性の向上アップを図った靴を世に送り出している。 ビルケンシュトック ビルケンシュトック公式サイト http://www.birkenstockjpn.co.jp/