フェンディ

フェンディ:FENDI 1925年、エドアルド・フェンディとその妻アデーレがローマに高級毛皮店を開いたのがフェンディ・ブランドの始まりである。この二人の類稀なセンスと高度な技術を持つスタッフたちの努力により、10数年足らずでフェンディは人気メゾンとなった。第二次世界大戦が終わりを告げた頃からは、フェンディの娘5人姉妹たちも経営に参加するようになり、さらにデザイナーにカール・ラガーフェルドを招き入れ、フェンディは今までの常識を打ち破る革新的な創造をやってのけたのである。 それは、今まで硬くて重い印象を拭えなかった毛皮を、柔らかく軽いものへと新化させ、紫やオレンジ色などで染色し華やかさを加え、着心地や質感の徹底的な改善を行ったのである。その今まで類を見ない作風は忽ち人気を博す事となり、大幅な顧客増大の成功に繋がったのである。 毛皮と共にフェンディ・ブランドが不動の地位を築くきっかけとなったのがバックである。その中でも1997年に登場し、爆発的大ヒットとなった“バゲット”はフェンディのバッグを語る上で一番に挙げられるバッグである。これは5人姉妹の次女アンナの娘のシルヴィア・ヴェントゥリーニの発想により開発されたバッグである。 当初、バッグの表面素材には毛皮の裏地に使用する前提でデザインされた“ダブルF”(アルファベットのFが上下逆に向き合っているロゴマーク)とスエードを組み合わせたものが使われていたが、毛皮やスパンコール、ビーズ刺繍を施したものやデニムなど、ゴージャスなものからカジュアルなものまで、様々なアイデア、技法により一つ一つ違った印象を受ける事から、コレクター心理をくすぐり、また、どんな装いにも併せやすいバリエーションの多さなどが人気に繋がったと捉えられる。 1977年、プレタポルテ部門をスタート。背景には“毛皮の下に着る服も作って欲しい”という顧客からの熱い要望があった。87年には若者向けのライン“フェンディッシメ”をスタートする。 1999年、“プラダ”と“LVMH”(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)に株式の半分を売却。01年にはプラダが持っていたフェンディの株式をLVMHが取得したことにより、フェンディはLVMHの傘下に入った。 フェンディは日本の“アオイ”とライセンス契約を結び、日本国内においてフェンディのショップ展開を行っていたが、現在はLVMHとアオイが共同で設立した“フェンディ・ジャパン”がフェンディの国内販売を行っている。 巨大ブランドグループLVMHの影響からか、LVMHの基準に沿ったスタイルで展開され、同グループ内のブランドとセットで販売が行われており、フェンディ一色が薄れがちなその経営体制が怪訝されがちだが、消費者側からみれば必ずしも歓迎できない事ばかりではない。様々なブランドが肩を寄せ合い並べられる事によって、一つ一つのブランドの個性が浮き彫りになるのが見てとれるのだから。 フェンディ フェンディ店舗情報 ONE表参道店 旗艦店 住所 東京都港区北青山3-5-29 営業時間 11:00-20:00 Tel. 03-5771-4541 フェンディ公式サイト http://www.fendi.com/