ポロ・ラルフローレン

ポロ・ラルフローレン:POLO/RALPH LAUREN 創立者、ラルフ・ローレン(実名はラルフ・リフシッツ)はニューヨーク州大学を中退後、ネクタイの営業マンとなり、デザインにも携わるようになり、1967年にポロ・レーベルからネクタイの販売を開始。翌68年からはメンズ・スーツの開発に着手し、ファッション界に参入。 アメリカでペンキ職人の息子として生まれたラルフは、服飾学校で学んだ経験は無いが、類稀なファッション・センスに恵まれ、少年時代からブルックス・ブラザースやポール・スチュワートなどのブティックに出入りし、英国の伝統というべきトラディショナルにアメリカ流アレンジを加えた“プレッピー・スタイル”を好んでチョイスし着こなしていた。この少年期こそ、後に脚光を浴びるポロ・ラルフローレンの創造の原点ともいうべき、クラシカルなデザインに現代的アレンジを加え、革新性をあたえるスタイルが構築されたといえる。 1970年代に入るとテイラード・スーツをベースにメンズ・ファッションのエッセンスを投入した、レディース・ラインを発表。社会への女性進出が盛んになっていった時代背景も追い風となり、キャリア女性などから高い支持を得る事となり人気を博す結果となった。 ポロ・ラルフローレンの宣伝戦略としては“社会的に成功したエリートたちの豊かな暮らし”のイメージを演出し、ラルフ・ローレンの直営店の内外装なども上流階級の邸宅を彷彿するものとし、より多くの富裕層を顧客に招きいれることに成功し、ブランドの地位を確固たるものとしていった。 また、この時期から“華麗なるギャツビー”、“アニー・ホール”などの映画衣装を担当するなど、多方面においてその創造力を発揮し、ラルフ・ローレンを着るのがステイタスとまで言われる程にまでなり、憧れのブランドとしての位置づけを築いた。 しかし、それも1990年代を迎え、よりカジュアル、スポーティーでリーズナブルなものが求められるようになった事もあり、国民的な商品ラインナップが増えてきた感もあり、その方向性の行方に不安を募らせる人もいるようだが、類稀なファッション・センスの持ち主に限って余計な心配は無用である。 ポロ・ラルフローレン ポロ・ラルフローレン店舗情報 ポロ・ラルフローレン表参道(RALPH LAUREN OMOTESANDO) 住所 東京都渋谷区神宮前4-25 エスポワール表参道 営業時間 11:00-20:00 Tel. 03-6438-5800 ポロ・ラルフローレン銀座(RALPH LAUREN GINZA) 住所 東京都中央区銀座1-6-10 Tel. 03-3562-1500 ポロ・ラルフローレン公式サイト http://www.polo.com/