マノロブラニク

マノロブラニク:MANOLO BLAHNIK マノロ・ブラニクが友人であるロンドンの人気ブティック・オーナーからの依頼で手掛けた靴が、ショーで使用され好評を得たことがマノロブラニク・ブランド創業のきっかけとなった。 マノロブラニクのハイヒールは、その繊細でシンプル且つエキゾチックなフォルムから、足を美しく魅せる重要なアイテムとして世界中の女性たちから注目され人気を博した。 マノロブラニク、1942年、スペイン領カナリア諸島サンタクルスにてチェコ人の父とスペイン人の母の元に生まれる。母は20世紀の偉大な靴職人ヤントルーニの靴を好んで履いており、ブロケード、シルク、レースなどにより装飾効果を加えられたその芸術的な靴は当時少年だったマノロに鮮烈なインパクトを与えた。 1960年代、ジュネーブ大学で建築と文学を学んだ後、ファッションの街パリへ移り美術を学ぶ。70年にはニューヨークへと渡り、そこでマノロブラニクのデザイン・スケッチがファッション誌『ハ−パ−ズ・バザ−』や『ヴォ−グ』の敏腕編集長として活躍していたダイアナ・ヴリーランドの目に留まり、デザイナーとしての才能を見抜かれ、デザイナーになるよう強く勧められたこともマノロブラニクがデザイナーの道に進んだ事への拍車となっている。 マノロブラニクは自分のデザインを発表する場所としてロンドンを選んだ。マノロブラニクは女性の足元を飾る靴を手掛け、従来のデザインや製造手法に拘ることなく、独自のスタンスでデザインに取り組み、完成されたマノロブラニクの靴は、つま先にいくにしたがって徐々に幅が狭くなり、先端が尖がった形状や、細く繊細なストラップ、厳選素材を使用し卓越した職人により丁重に仕上げられた高品質からくる履き心地の良さ、当時としては革新的要素が随所に散りばめられており、見る者を虜にするようなオーラを放ち、多くの女性たち、特にセレブ層から絶賛され、人気ブランドとなっていった。 マノロブラニクの靴を履いた有名人にはダイアナ妃やカイリー・ミノーグ、マドンナなどが挙げられる。 マノロブラニク マノロブラニク店舗情報 エストネーション六本木ヒルズ店 住所 東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ ヒルサイド けやき坂コンプレックス1,2F マノロブラニク公式サイト http://www.style.com/manolo/home_flash.html