ロレックス

ロレックス:ROLEX ロレックスの歴史は1905年にドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンに時計商社を設立した事にさかのぼる。ウィルスドルフはスイスの時計メーカーのエグラー社と契約し、時計生産に乗り出す。 当時は携帯時計が主流で、腕に付ける時計は振動や湿度などの問題から敬遠されがちであった。ウィルスドルフはこういった問題を克服するべく、腕時計の技術革新に全総力注ぎ込んだ。まず第一に天敵である水や汚れを防ぐため、完全防水の“オイスター・ケース”を開発し、精密な内部を隔離し水や汚れの浸入を防ぐ事に成功。第二に自動巻上げ機構、“パーペチュアル・ローター”の開発。これは腕の動きに反応し自動でメカニズムが巻上げを行うといったひじょうに画期的なものであった。 これらの技術革新の恩恵により、いかなる条件のもとでも正確に機能するかをテストするクロノメーター・テストにも合格し、高性能、高品質を世間に実証してみせた。 ウィルスドルフはこの高性能腕時計を世界にアピールするべく、宣伝戦略にも力を注いでいった。以外にも“ロレックス”とゆうブランド名が用いられるようになったのは、創業3年目の1908年からである。この“ロレックス”とゆうブランド名は、聴こえの良さやインパクト、ロゴ・デザインの良さ、各国語のイントネーションの良さなどを考慮し、慎重に検討したうえで決定したブランド名であり、この事からウィルスドルフが世界を視野に入れた経営戦略を図っていた事が覗える。 ロレックスの腕時計はその高性能ぶりを、様々な状況下で発揮していった。27年、女性が初めてドーヴァー海峡を泳いで渡ったとき、ヒラリー一行によるエベレスト初登頂のとき、60年、潜水艦トリエステ号がマリアナ海溝一万メートルの潜水をおこなったとき、73年にサハラ砂漠の横断が達成されたときなど・・・・いかなる悪条件下においても正確な時間表示、高い耐久性を発揮しチャレンジャーたちの心強い味方となったのである。 数々の修羅場での高性能発揮により、ロレックスはその時計ブランドとしての技術力の高さが認められ、世界中の人々から絶大なる信頼を得て、ブランド・イメージの確立に成功したのある。 ロレックス ロレックス正規代理店 レキシア銀座 東京店 住所 東京都中央区銀座7-6-19 Tel. 03-5568-1879 レキシア銀座 心斎橋店 住所 大阪府大阪市中央区南船場4-3-11 大阪豊田ビル1F 営業時間 11:00-20:00 Tel. 06-6253-1879 ロレックス公式 http://www.rolex.com/ja/