ヴァレンティノ

ヴァレンティノ:VALENTINO ヴァレンティノは1960年代、社交界へ高級素材を用いて、高い裁断技術と革新的デザインにより色彩鮮やかなドレスを提案し、ジャクリーヌ・ケネディー、エリザベス・テイラー、オードリー・ヘップバーン、ダイアナ妃など、数多くのセレブリティーたちを魅了し、彼女たちの美しさをよりリアルに表現し、オートクチュールをはじめプレタポルテ、バックやアクセサリーなど広範囲部門に置いて優れた功績を残してきた。 ヴァレンティノ・ガラヴァーニは、1932年イタリアのヴォゲーラに生まれる。幼少時代からファッションに強い憧れを示し、高校を卒業するとミラノでデザインとフランス語の勉強に励んだ後、パリに移り、サンディカ(パリ・クチュール組合学校)にて服作りの基礎を学び、59年、ローマのコンドッティー通りにメゾンをオープン。翌年には以後、抜群の経営手腕を発揮し、ガラヴァーニと公私を共にし、ヴァレンティノ・ブランドを成功へと導いたジャンカルロ・ジャンメッティーを迎え入れた。 ジャンメッティーはヴァレンティノ・ブランドの飛躍をかけ、ブランドガルヴァーニにある提案をした。それは当時、イタリア・ファッションの最先端に君臨していたフィレンツェのピッティ宮殿でショーを行うことだった。イタリア芸術のエッセンスが凝縮し、見る物に強いメッセージをあたえるヴァレンティノの作品は、高評価を得ることに成功し、イタリア国内だけでなく、アメリカのバイヤーやジャーナリストたちからも注目され、世界へ向けての扉も開かれつつある状況であった。 1968年にはパリにブティックをオープン、70年代に入るとプレタポルテ部門にも参加。既成の中においても美への追求は一点の曇りもなく、オートクチュール同様に、その天性とも呼べるセンスにより、見るものを魅了するアイテムを送り出した。パリ、ニューヨーク、ジュネーブ、ロンドンへと店舗を増やし、74年には“ヴァレンティノ・ブティック・ジャパン”を設立するなど、世界的発展を遂げる。 1986年には、その世界的活躍を認められ、イタリア国家最高勲章“騎士大十字勲章”が、ヴァレンティノ・ガヴァニーニに贈られた。 製造ラインもヴァレンティノ(レディース、メンズ)、ヴァレンティノ・ローマ(レディース、メンズ)、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(バック、シューズ)、ヴァレンティノ・ジーンズと充実し、世界的に認知されるブランドとして成長した感のあるヴァレンティノだが、98年、ブランド界に押し寄せた買収合戦に巻き込まれ、イタリアのトップ企業買収を繰り広げていた“HdP”に買収される。しかし、どんな状況下に置かれてもガルヴァーニのデザインに対しての想いは色馳せる筈もなく、経営面を委ねる事により、今まで以上にデザインに集中し、ヴァレンティノの真髄を表面化できる機会を与えられたのだとポジティブに受けとめ、今後も人の心を魅了してやまない芸術の数々を世に送り出してくれることを願う。 ヴァレンティノ ヴァレンティノ店舗情報 ヴァレンティノ銀座 旗艦店 住所 東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座1、2F 営業時間 11:00-20:00 定休日 無休 Tel. 03-3569-2151 ヴァレンティノ ブティック サンローゼ赤坂 旗艦店 住所 東京都千代田区紀尾井町4-1 サンローゼ赤坂1F Tel. 03-3261-9156 ヴァレンティノ公式サイト http://www.vbj.co.jp/