GAP

GAP(ギャプ) GAP(ギャプ)は1968年、ドナルド・フィッシャーがカリフォルニア州サンフランシスコにジーンズ専門店を開いたのがルーツとなっている。業績は順調で自社で製造した服やアクセサリーなども手掛け、90年代に入ると自社ブランド製品だけを取り扱う形態となる。 GAPが描いてきたイメージは、ブランド界のコカ・コーラになる事であった。つまり、“何処にいても探せばすぐに見つかり、すぐ手に入る”といった、世界に自然に溶け込み、多くの人々から愛されるブランドになる事を常に意識し、“クリーン、オール・アメリカン、シンプル、グッド・デザイン”を基本コンセプトに実用的でシンプルで親しみやすいアイテムを世に送り出してきたのである。 1983年にはミラード・ドレクスラーが新社長に就任。86年から子供服をスタートさせファミリー層を顧客に招き入れる事に成功し、これは後に展開される“babyGap”ベビー用品やバス用品などの販売率向上に繋がる基盤となった。 GAPブランドは大幅な店舗拡大と共にミュージシャンやダンサーなどを起用した、宣伝広告にも力を入れてきており、素朴な躍動感のあるカーキ・シリーズなどの魅力を具体的に伝えてきた。 これにより、お茶の間のTV画面などを通して、その魅力的なアイテムたちをごく自然に世界に浸透させることに成功したのだ。 現在、GAPはレディース、メンズ向けの“Gap”、子供向けの“GapKids”、ベビー向けの“babyGap”の三つのラインで構成されており、デザイン、製造、物流、マーケティング、販売まで自社で一貫して行い、コスト削減と共にGAPブランドの開発者たちの思いや、GAPの独自性などがダイレクトに反映された訴求力のある、100%GAPと呼べる魅力たっぷりのアイテムを手掛ける大プロジェクト・ブランドとして展開されている。 GAP(ギャプ) GAP店舗情報 GAPインストア GAPモザイク銀座阪急店 “Gap”“GapKids”“babyGap”取扱い 住所 東京都中央区銀座5-2-1 モザイク銀座阪急1F・B1F 営業時間 10:30-21:00 Tel. 03-3571-7211 GAPマルイシティ池袋店 “Gap”“GapKids”“babyGap”取扱い 住所 東京都豊島区西池袋3-28-13 マルイシティ池袋B1 営業時間 11:00-20:30 Tel. 03-5911-4455 GAP池袋東武店 “babyGap”取扱い 住所 東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店本館7F 営業時間 10:00-20:30 Tel. 03-5956-6315 GAPアクアシティーお台場店 “Gap”“GapKids”“babyGap”取扱い 住所 東京都港区台場1-7-1 アクアシティーお台場3F 営業時間 11:00〜21:00 Tel. 03-3599-5333 GAP原宿店 “Gap”“GapKids”“babyGap”取扱い 住所 東京都渋谷区神宮前4-30-3 T's原宿 営業時間 10:00-21:00 Tel. 03-5414-2441 GAP公式サイト http://gap.co.jp/