イエーガー

イエーガー:JAEGER イエーガーは、発案者ギュスターヴ・イエーガーと創始者ルイス・トマリンの手により誕生したブランド。イギリス国内に200店以上、国外に100店舗以上あり、さらに拡大を続けている、天然素材を用いたニットやウール製の衣料を主に扱うイギリスの高級ブランド。日本では皇太子、雅子妃が外務省勤務時代に、愛用していたブランドの一つとしてクローズアップされ注目を集めた感もある。 イエーガー・ファッション通販に触れるにあたり、ドイツ、シュトゥットガルト大学教授のギュスターヴ・イエーガー博士が重要人物であることを記しておきたい。イエーガー博士は、動物学、心理学を専門としており、1870年に発表した論文の中で、皮膚呼吸理論に基づいた“賢者ウールを選ぶ”と言う標語を挙げ、“動物である人間は、動物性繊維を用いたほうが衛生的だ。ウールには動物の生命を保持する性質が有るので、身体の分泌物の発散を促し、夏は涼しく冬暖かい”といった意見を記し、ウール製の肌着を着けた事により自身の虚弱体質が改善された事を主張。 イエーガー博士の論文により、ウール製の肌着の効果にドイツ国内の人々は興味を示し“ウールブーム”が巻き起こった、 そんな折、ロンドンの雑貨卸会社のマネージャーとして働いていたルイス・トマリンは、ドイツ滞在中にイエーガー博士の理論に触れ、ウール素材と健康との関わりを理解し、イエーガー博士と接触、イエーガー博士の案により開発された肌着のイギリスでの独占販売とネーミングを使用する権利取得に成功。 イギリスに戻ったルイス・トマリンは1883年、ロンドンのオクスフォード通りに“イエーガー商会”を設立。衛生上優れたウール素材を100%使用した下着、無漂白のウール・キャメル素材の下着、肌着を販売。ロンドンで開催された国際健康博覧会では、イエーガーのウール製の下着が金メダルを獲得するなど、ウール製の下着の健康に対してのメリットを広く広める機会にも恵まれ、イギリス国内においてもイエーガーのウール製肌着、下着は好評版となり深く浸透していった。 1900年代に入ると肌着、下着だけに留まらず、カーディガンやセーター、ニット製ブルゾン、コート、スカートのアウター・ウェアー等も手掛け、(現在はバック、ベルト、小物なども扱う)健康アイテムとしての見方だけではなく、宝飾効果によりデザイン性などにも力が入れられ、健康的であり見栄えの良い魅力的なアイテムを提供するビック・ブランドへと成長していった。 イエーガー イエーガー店舗情報 イエーガー 銀座店 住所 東京都中央区銀座4-3-9 営業時間 11:00-20:00 定休日 月曜 Tel. 03-5250-2122 イエーガー恵比寿三越店 住所 東京都渋谷区恵比寿4-20-7 三越1F 営業時間 11:00-20:00 Tel. 03-5420-7260 イエーガー公式サイト http://www.jaeger.co.uk/