クリスチャンディオール

クリスチャン・ディオール:CHRISTIAN DIOR クリスチャン・ディオールは1905年、フランス、グランビルで裕福な実業家の家に生まれる。政治学院に入り外交官を目指すが、シュールレアリスムに魅せられ、友人と共に画廊を開くが、1938年、ローゲル・ビゲの導きにより、モード界に進出。リュシアン・ルロンのメゾンで働いていたところ、木綿王のマルセル・ブサックにその才能を見抜かれ、1946年、マルセルの援助の元、パリのモンテーニュ通りに“クリスチャン・ディオール・オートクチュール・メゾン”をオープン。“ペチコートで膨らませた曲線を強調した、ゆったりなだらかな肩に、細く絞ったウェスト、くるぶしまであるロングスカート”=花冠ラインでパリコレにデビュー。モード界はこの優美なデザインに大注目した。 1948年、フレグランス部門の“パルファン・クリスチャン・ディオール”を設立し、アメリカにおいてライセンス生産を開始。同時期に“ジグザグ・ライン”を発表。その後も“パーティカル・ライン”、“オーバル・ライン”、“シュニアス・ライン”など魅力溢れる作品を発表していたが、1957年、心臓麻痺のため死去。52年の短い人生を終えた。 主を失ったディオール社は、弱冠21歳のイヴ・サンローランを主任デザイナーに起用。丈が短かめのシュミーズ・ドレスを発表し、これが大注目をあびるなどイヴ・サンローランの奇抜で感性豊かなデザインセンスにより、ディオールがモード界の中心に居る事にかわりはなかった。 1960年、イヴ・サンローランが徴兵により兵役に就いたため、新しい主任デザイナーにマルク・ボアンが就任、“スリム・ルック”、“サファリ・ルック”などが話題になる。 モード界において買収劇は、もはや頻繁に起こりつつあったが、ディオール社も例外ではなかった。ディオール社に経営面での転機が訪れたのは1968年の事だった。フレグランス部門の“パルファン・クリスチャン・ディオール”がモエ・ヘネシー(現LVMH)に買収されたのだ。1978年には、親会社の“マルセル・ブサック・グループ”が倒産するが、流通大手のウィロ兄弟により救われ、“アガッシュ・ウィロ・グループ”に入る。 1984年、ベルナール・アルノーとフランスの投資銀行“ラザール・フレール”の“マルセル・ブサック・グループ”買収により、アルノーが新社長となる。主任デザイナーにはジャンフランコ・フェレが起用され、翌年、アルノーは“LVMH”の社長に就任。 2003年、東京、表参道に“クリスチャン・ディオール表参道店”がオープン。 クリスチャンディオール クリスチャン・ディオール店舗 クリスチャン・ディオール表参道店 住所 東京都渋谷区神宮前5-9-2 営業時間 11:00-20:00 Tel. 03-5464-6260 クリスチャン・ディオール銀座店 住所 東京都中央区銀座5-4-8 営業時間 11:00〜20:00 Tel. 03-5537-8211 クリスチャンディオール公式サイト http://fashion.dior.com/