タバコと決別・・・できない理由

ますます喫煙者に風当たりの強い世の中になってきたようです。

二コレットもだめ、ニコ飴もだめ、電子タバコもだめ、気が付くとついつい吸ってしまっている自分に気づきます。

これはれっきとした病気のようで、“お医者さんと禁煙”はもはや必須なのかもしれないです。

自分はこのストレス社会において、タバコのない世界は考えられません。

言い訳ですね。

タバコに変わるストレス解消グッズが見つからない限り、自分には禁煙は無理です。

こんな自分でも過去に三ヶ月間禁煙に成功した時期がありました。

今思えばよく我慢できたなあと不思議に思います。

タバコはもろ生活に響く金額にまで値上がりしてきてますし、これ以上何に使われるか判らない税金を、この国に払う気はないのですが、なかなかタバコと決別できません。

だれか身体に良いタバコでも開発してくれないものですかね?